革ジャンについて。

革ジャンって、、だいぶ着ていない。

それは、何故だろうか?

一つには、着るシーズンがものすごく限られるからだ。

裏にボアがついていない、ただの革ジャンは、冬、革がものすっごく寒い。
といって、寒いから下にセーターとか着ると野暮。だから、春とか秋とかTシャツの上に羽織れる時期しか着ない。
すごく短い。

どうしたらいいのさ?

バイクに乗る人は、いいよね。
風を通さないし、コケても布よりは身体を守ってくれる。

先日、撮影の時に革ジャンを着て、街に出て、うわー寒い!と思い。
ロケ車で待ってて、ずっと座っていたら、革が硬くて肩が凝ってしまい。
うわーつらいと思った。

なんなのさ、革ジャン。

この前
スタジオでバンドのドラムの響氏が革ジャンを着ていたので、、
早速、、革ジャンって、なんなのさ。
重いし、寒いし、、どうしたら愛せるの?と聞いたら、、、
うーん。。。
所有感?
この、革ジャン持ってるって感じ?

と、言っており、、
おー所有感!っと、なんだか納得してしまった。

大人になり。
全てが機能化している今日この頃。
冬はダウン。足元はスニーカー。
時計は携帯。。

全部が誰でも持ってるような格好をして、それが別に気にならない感じにもなってきていて、、、でも、
なんか、それで良いんだろうか?とも思っていたりして。。

俺、これ持ってるんだぜ!的な所有感を久しく感じてない。。

ま、あると言ったらメガネくらいか、、、。

なんか、所有感って、お金持ちの人は高級な車を買ったり、時計買ったりして、楽しむんだろうか?

でも、それは人に見せつけたいという気持ちとは違うのだろうか?

うーん。

しかし、、

今日、ふらっと古着屋に入って、
うわっ、この革ジャンが欲しい!
と思ってしまった。笑

なんなのさ、この精神の矛盾。

冬にホカホカポカポカダウンじゃなくてあの、冷え冷えとした革ジャンに手を出すのか!!

俺は、機能的で、無欲な坊さんのようになって行くのが大人だと思い込んでいるのか、、本当は着たいもの着て、食いたいもの食って生きていきたいのにそれを我慢しているだけなのか?

昔、

意味なんかないんだよ。
意味がまるでないのが、ロックンロールなんだ。

と、言った人がいました。

ギターウルフでした。

余談ですが。笑


でも。
すべて、意味なんかないのかもね。
本当、カッコつけたり、それがどうでもよくなったり、意味を見つけようとしているだけの存在が、人なのかも。

たぶん、革ジャン買っちゃうな。

0コメント

  • 1000 / 1000