ワンダフルワールド!

どっかで流れてた。
ジョーイのカバーした、ワンダフルワールドが耳について離れない。


これ、ラモーンズではなくてジョーイのソロだよね?

でも、まんまラモーンズのサウンドで、
なんか、気持ちいいんだな。

齢40にして原点に戻ると言いますか、やはり思春期に影響受けた物は歳とっても変わらないね。

彼らのロックは、ある人が初めて見たときに前衛芸術だと思ったって言ってたけど。

1234の掛け声で曲が始まって
全曲が2〜3分で、ギターソロ無し!

よく飽きずに何年もやっていたなぁと思うんだけど、、ドキュメントフィルムを観ると
契約のしばりや、自身の病気もあったり、、なかなか壮絶で。。

でも、彼が亡くなる前にこの曲をカバーしたって言う事は、なんだかとっても気持ちが救われる。

世界はなんて素晴らしいんだ!

そう言ってれば、素晴らしくなるんだ!
と、、僕も思っている。


岸田研二

kishida kenji

0コメント

  • 1000 / 1000