うつヌケ

すこし参加させていただきました。

このお話は実話がベースなので、物語の中の、皆さんの鬱からの立ち直り方が、とても興味深く。。

まさに、事実は小説より奇なり!

あぁ、鬱って、きっと僕自身も他人事ではないな。。と、感じてしまったわけでございます。

単行本はものすごい売れ行きなのようなので、、不寛容で攻撃的な現代に鬱というものが、みんなの関心事なんですよね。

わかるなぁ。。

でもね、この作品。

希望が満ちていて、本当に面白いです。

是非、ご覧ください!

0コメント

  • 1000 / 1000