沈黙

久しぶり、2度目の鑑賞。

沈黙。

神の沈黙。

祈っても祈っても、奇跡なんか起こらない。

悪は猛り狂って、弱き者は目を閉じて、あるものは殺され、あるものは嵐が行き過ぎるのをじっと待つ。

僕らの日常もまさにあの神父のようなものかも知れない。

なんで、こんなに祈っても神様は何も叶えてくれないんだ。

なんで助けてくれないんだ。

何度も目をかけてたキチジローは何度も何度も裏切るし。

しかし、、
救われなかったら、信じないのか。救われるから、信じるのか。

御利益があるから、その引き換えに祈るのだろうか?

お賽銭は100円より100万円の方が祈りが叶うのだろうか?

それは、代償と利益を、祈りと恩恵に差し替えて、人間が勝手に考えているだけなのだろうか?

、、分からない。

でも、神様っていて欲しいな。
と、僕は思っている。

人生に起こる、幸も不幸も、災いも糧も、何か人知を超えた大きなものに見つめられているという気持ちがなければ、この先とても生きていける気がしない。。

自分1人の力など、塵ほどの力もなく。

若い時の過信は雨に降られてさっぱりと流れ去りました。

今日は終戦記念日なんですね。

この日はいつでも、いのちの盛りにある植物に太陽の落とす影がとても濃く見えます。

色んな人の物語の上に
今、自分は生きているんだ。
いや、生かしてもらっているんだ。

と感じます。

0コメント

  • 1000 / 1000