美しい。

このサラダ。
緑に赤。。

美しい。。

と、思って
ずっと眺めていた俺は

やはり、疲れているのだろうか?

昨日で英語のワークショップが終わりました。

終わってみれば、
なんで?
あんなにビビっていたのだろうか?とか、
なんで?
もう、家帰るっ!!
と、俺の心の3歳児が暴れていたのか?

今となっては、分かりまへん。。

しかし、
でも。
それが人間の強みでもあるし、弱みでもあるわけで。。

環境に慣れてもいいが、その感じた怖ろしさは、忘れないで、大切にしなくてはいけない!

と、思う。私です。

最終日はね、戯曲のワンシーンを台詞暗記してみんなで其々が演じました。

僕は黒人の若者相手に、
彼を怒らせて、胸ぐらを掴まれて殴られる。
という、、役!を

本当に黒人の筋肉隆々の若者相手にやって。。

僕のたどたどしい台詞の中で、
彼が僕の事をめちゃくちゃ睨んで、
うわっ、すげー怖っ!!
まるでニューヨークの地下鉄だ!と、
内心思いながらも、、
こっちも役者として負けてはいかん!と。
禁止用語が溢れている台詞を駆使して彼を追い詰めて、胸ぐらを掴まれて無事に殴られました。。

いや、フリですけどね。。

やっぱり言語を越えて、感情を動かして、会話するって、面白いし、でも、実際やって見ますと、まだ言語習得までは、果てなく7万キロくらいあるなーと。。

ま、やってみたから分かるこの無力感も。。

大切にしたいと思ってます。

お疲れ様!

0コメント

  • 1000 / 1000